遅れたけど出してよかった!「赤ペン先生のもんだいおためしばん」が返ってきました♪

赤ペン先生のもんだい

こどもちゃれんじじゃんぷ11月号についてきた「赤ペン先生のもんだいおためしばん」。なかなかする時間がなく、お正月休みにやっとやることができました。そして昨日、採点されて返送されました。

提出期限を過ぎても大丈夫?

今回の提出期限は11月30日まででした。期限までに出そうと思ってはいたのですが、毎日バタバタで気が付くと2ヶ月も過ぎてしまいました…。でも赤ペン先生のもんだいは「1年以内」であれば採点してくれるそうです。よかった~。これで共働きで「一日一回勉強」どころか、「2週間に1回勉強するかしないか」という適当な我が家でも、何とかがんばれます…。

出してから返送まで約2週間

地域や祝日によっても変わると思いますが、今回お正月に問題を解いて提出し、返ってきたのが約2週間後でした。出したのを忘れた頃に返信が来たので、娘は「前、赤ペン先生出したね!返ってきた!」と思いだしてテンションが上がってました♪

ごほうびシール

赤ペンファイルに貼る「赤ペンごほうびシール」と、一日一回べんきょうできたボードに貼るシールがついてきました。なんてことないシールですが、娘は意外にも大喜び。普段はかわいいもの好きの娘ですが、特別なシールなので嬉しかったようです。「今日保育園で嫌なことがあったけど、その分シールが届いていいことがあった☆」とまで言ってました。最近生意気な事を言うことも多くなった娘ですが、まだまだ子供だなぁ…となんだかほんわかしました。

赤ペン先生の丸付け

赤ペン先生

肝心の赤ペン先生は、簡単な問題でしたが、見事全問正解でした。ひとつひとつ丁寧に丸付けしてあって、花丸してもらえて喜んでました。コラショの絵も描いてあって、絵を描くのが大好きな娘は「赤ペン先生絵が上手だね~」と問題よりも絵に注目していました(笑)

努力賞ポイントがつく

前にも一度おためしばんはありましたが、今回のは努力賞ポイントがつきます。今回ついたのは4ポイントでした。1年生からは毎月8ポイントずつたまるようです。私がやっていた頃(20年以上前か…)は赤ペン先生についてくる金色の四角いシールがポイントになっていて、それを貼ってためていたなぁと懐かしく思いました。今は自動的にたまっている?ようです。

赤ペン先生の効果は大きい

我が家の娘は自分の意志が強く、やりたいと思ったことしかしません。勉強は嫌いではないものの、共働きのせいもあって普段家での時間があまりなく、どうしても遊びやテレビが優先になってしまいます。それでも娘はこどもちゃれんじはやりたいと言います。自分で市販のワークを買う方が割安なのですが、毎月届いたり、赤ペン先生があることで、時々ですがやる気を出してまとめて取り組んでいます。ワークだと、たぶんしないまま時間が過ぎて行ってしまうと思います。勉強習慣にはまだほど遠いですが、「勉強って楽しいな。」と思ってくれたらと思います。やっと11月号のワークが終わりつつあるので、小学生になるまでには追い付くといいな(^^;)

↓チャレンジ、こどもちゃれんじ関連記事

チャレンジ1年生「1年生準備スタートボックス」の感想。
「こどもちゃれんじじゃんぷ」を受講している長女の要望で「1年生準備スタートボックス」に申し込みました。年長さんの時にチャレンジ1年生の教材を先行で届けてもらえる「1年生準備スタートボックス」について、どんな教材が届くのか、また実際に使った率直な感想を書いています。
こどもちゃれんじじゃんぷ12月号教材の感想
先日年長の長女が受講している「こどもちゃれんじじゃんぷ12月号」が届きました。実は11月号のワークも赤ペン先生の問題お試し版もまだや...
スポンサーリンク
広告レクタングル大
広告レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告レクタングル大