//↓グーグルアドセンスのコード 「ベスト・パートナーになるために」男女の違いが分かる本

恋愛に悩む男女必見の本「ベスト・パートナーになるために」

ベストパートナーになるために

夫に対してイライラしてしまうことが多く、どうすればいいのか自分でも分からなくなり、いろいろネットで調べていたら、アマゾンでベストセラーになっているこの本「ベスト・パートナーになるために」を見つけました。さっそく読んでみると、「男は火星から、女は金星からやってきた」という大げさなフレーズですが、それほどに男女は違うということが分かりました。翻訳されているので、文章の表現が少し違和感があり、読みにくい箇所もありましたが、夫の行動の意味や自分のイライラの原因が分かり、自分を冷静に見れるようになりました。

男と女は異星人

男と女は、「ストレス発散の仕方」や「問題への対処法」「相手への愛情表現」「相手に求めること」が全く違うそうです。簡単にまとめると以下の通り。

男性

  • 問題に直面すると自分の心の穴に閉じこもり解決策を考える。
  • 新聞やスポーツ観戦で気晴らしする。
  • 仕事を頑張ってお金を稼ぎ、豪華なプレゼントを買うことが愛情だと思っている。
  • 今の自分をあるがままに受け入れてくれることを相手に望む。

女性

  • 愚痴を言うことでストレス発散し、そこから解決策を見つける。
  • 相手の悪いところを直し、成長させてあげることが愛情だと思っている。
  • 毎日細かく気遣ってくれる優しさを相手に求める。

相手の特性を知ると冷静になれる。

上記の男性の特性を知って、旦那の行動の謎が解け、目からウロコでした。もちろん人それぞれ性格もあると思いますが、「旦那が話を聞いてくれない!」というのはよく聞くので、なるほどと思いました。今までは私が話しても全く返事をしなかったり、話が終わる前に適当に返事をされたりしてイライラすることが多々ありましたが、「これは男性の特徴なんだ。きっと何か悩みがあって、今は話を聞く余裕がないんだろう。」と少し冷静になれるようになりました。

また、仕事の帰りが遅かったりすると、今までは心配して「なんで最近遅いの?上司に相談したら。仕事の効率が悪いんじゃない?」と自分でも余計だと分かっていながら口出ししてしまうことがありましたが、これは旦那のプライドを傷つけて何の解決にもならないと分かり、これからは特に相談されるとき以外は口出ししないように気を付けようと思いました。まだ慣れないのでつい余計な一言を言いたくなりますが、その気持ちをぐっと抑えています。それでも時々は言ってしまいますが…(笑)今まで自分がどれだけ旦那に口うるさかったかが分かり、少し反省…。

自分の気持ちを自覚。

そしてこの本を読んで何よりよかったのが、自分の気持ちが分かったことです。旦那へのイライラは、旦那が話を聞いてくれなかったり、そっけない態度をとることに対しての「不安」からきているのだと自覚しました。「旦那はもう私を愛していないんじゃないか。」という「不安」が「不満」に変わっていたのだと分かりました。そしてそう感じるのは何より私が「旦那を男性として見ているから」だとも分かりました。普段仕事中は、上記の特性で言うと男性的で、問題は自分で解決している私ですが、なぜか旦那にイライラして、心の中で「私達もう終わってるかも。」「このまま行ったら離婚かな。」「なんで旦那と結婚したんだろう。」と思うこともありました。でもそれはやはり本心では旦那を愛しているからこそ優しさを期待して、裏切られた気持ちになっているからだと気付きました。旦那に対しては「女性」になってしまうから、自分ではどうしようもなくなってしまっていたんです。それが分かっただけで心がすっきりして、旦那に対してイライラすることが減り、逆に愛情を持って接することができるようになりました。

愛には季節がある

この本の最後の方に「パートナーとの関係は庭園のようなもの」とあります。この表現が私はとても気に入りました。愛情と思いやりを注いで二人で作り上げていくもの。でも春のように自然に花咲く季節もあれば、冬のように殻に閉じこもる季節もある。冬の時期は充電期間で、自分を愛することを大事にする。そうすればまた春がやってくる。これを読んで、「いつも愛情溢れる夫婦でなくてもいいんだ。時にはお互い、自分のことを大事にして、十分に休息したら、また相手に愛情を注げばいい。」と気が楽になりました。長い結婚生活、これからもいろいろあるでしょうが、その場の怒りで離婚したりせず、時には耐えることも必要だと改めて思いました。

まとめ

相手と自分の特性を知り、少しでもそれを心に留めておくことで、心の不安を減らすことができます。夫婦関係でイライラしたり、不安になったりする人は一度読んでみてください。特にワーキングマザーは普段仕事ではどちらかというと男性的思考で頑張っていると思いますが、夫婦関係になるとやはり女性になってしまい、そのギャップに自分でも戸惑い、それが夫婦の関係をギクシャクさせてしまうこともあると思います。そんな時に「女性」である自分を自覚し、受け入れてあげることで、夫婦の関係はもっと深まるのではないかと思います。夫婦関係に悩んでいる人はぜひ一度読んでみてください。

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

↓女性にはこちらも本もおすすめです。今度感想書きます。
サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

スポンサーリンク
広告レクタングル大
広告レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告レクタングル大