上履きの名前はどこに書く?にじまない方法は?

上履き 名前 かかと 小学校入学準備

娘の通う保育園は室内は裸足だったので、上履きは小学校入学準備で初めて買いました。入学説明会では「名前を書いてください。場所はどこでもいいです。」と言われましたが、「どこに名前書けばいいの?」と迷いました。また、名前書き用の油性ペンを使ってのですがにじんでしまいました…。そこで、上履きの名前を書く場所にじまない方法をまとめてみました。

↓名前付けについてはこちら

入学準備の名前つけ。お名前シールは必要?どこに貼る?
入学準備で大変なものの一つが名前つけですよね。「持ち物に名前をつける」という単純な事なのですが、一度にこんなに名前をつけるのは初めての経験で、どうやって貼るのかいろいろ迷ったので、私の経験を元に記事にしてみました。上履きの名前については...
スポンサーリンク

上履きの名前を書く場所

上履きの名前を書く場所は「かかと」「つま先」「内側」のうちどれかだと思います。名前を書く目的は誰のものかわかるようにするためなので、学校の指定がなければどこでもいいと思います。それぞれのメリットデメリットをまとめてみます。

かかと

かかとは下駄箱に入れた状態で名前が見えるので、下駄箱から出すときに分かりやすいです。履いている時は自分では見えにくいです。娘の小学校ではほとんどの子がかかとに書いていました

つま先

つま先はスペースが広いので大きく書けます履いた状態でも自分で名前が見えるので分かりやすいです。ただ、大きすぎてかなり目立ちます(^^;)学校の指定でない場合はあまりお勧めしません。娘の小学校ではつま先に書いている子は見かけませんでした。

内側

内側は目立たないのでいいのですが、分かりにくいです。下駄箱に入れた時も履いている時も見えにくいので、間違ってしまう可能性があります。高学年でしたらいいかもしれませんが、低学年には分かりにくいと思います。

上履きの名前は漢字?ひらがな?名字?名前?

上履き 名前 かかと

小学校一年生はまだ漢字は読めませんので、基本はひらがながいいと思います。高学年はほとんどの子が漢字で書いていました。名字と名前は、両方書いてもいいですが、かかとに書く場合はスペースが限られます。両方名字でもいいと思いますが。娘のクラスでは先生や友達を下の名前で読んでいるので、名字だけだと分かりにくいかもしれません。また、同じ名字の子がいる可能性もあります。私は右足に名字、左足に名前を書きました。

もしつま先だったらこんな感じだと思います。

上履き 名前 つま先

にじまない方法

上履き 名前 にじまない

上履きにマジックで名前を書くと、毛細管現象で糸にインクが染みこみ、にじんでしまいます。私は名前書き用の油性ペンを使いましたがにじんでしまいました。パッケージに「にじまない」って書いてあるのに…ひどい…(泣)そこで調べてみると、水かヘアスプレーで先に湿らせてから書くとにじまないそうです。早速家にあったケープを名前を書きたい場所に吹き付け、少し乾いた状態で上から油性ペンで名前を書くとにじみませんでした!こんな簡単ににじまない方法があったなんて驚きです。この技は上履き以外にも体操服など、布に書く場合は大抵使えます。もっと早く知りたかった~。布に名前を書く際はぜひやってみてください!

まとめ

上履きの名前は学校の指定がない場合は、かかとに書くのがおすすめです。低学年はひらがな名字と名前を片足ずつに書くのが分かりやすいと思います。名前を書く際は水かヘアスプレーで湿らせてから油性ペンで書くとにじみません。入学準備いろいろ大変だと思いますが、頑張ってください☆

小学校入学準備の他の記事もどうぞ

小学校入学準備
「小学校入学準備」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました