大人がヘルペス性歯肉口内炎になった体験談ー症状、対処法





ヘルペス性歯肉口内炎 画像

先日、5歳の娘がヘルペス性歯肉口内炎になりましたが、病院では「感染力は強くないし、大人は気付かないうちにほとんどの人が感染しているからうつらない」と言われたので安心していたら、娘が治った2日後に発熱し、うつってしまいました。その時の体験談を書きます。同じようにうつってしまった人の参考になれば幸いです。

↓娘がかかった時の体験談はこちら

子供がヘルペス性歯肉口内炎になった体験談ー症状、対処法
5歳の娘がヘルペス性歯肉口内炎にかかりました。インフルエンザのような高熱とヘルパンギーナのような食べられない症状、今まで聞いたことのない病名で戸惑いました。ネットで調べても情報が少なかったので、同じ症状の方の参考のために体験談を書いてみます。

ヘルペス性歯肉口内炎は大人にうつる?

ヘルペス性歯肉口内炎は単純ヘルペスウイルスⅠ型が原因で、初めて感染した時におこるので、子供に多い病気です。ヘルペスウイルスに感染しても症状が出ない人も多くいるので、大人は気付かないうちに感染している人が多いそうです。しかし、私はそう思って安心し、念のため食器やタオルは別にしていましたが、感染してしまいました。ヘルペスウイルスに感染していなかったのと、看病と仕事で疲れて免疫力が下がっていたのが原因ではないかと思います。3歳の下の子にはうつりませんでした。症状が出ていないだけで感染しているかもしれませんが…。お子さんがヘルペス性歯肉口内炎にかかった場合は、大人も含めて家族にうつらないよう注意してください!!

ヘルペス性歯肉口内炎の大人の症状は?

1日目:夕方から発熱。夜には40℃に。

娘のヘルペス性歯肉口内炎が治り、保育園に行きだしてから2日後、夕方から「なんか身体がだるいな~」と思っていました。子供を保育園にお迎えに行って帰り、熱を測ると38℃。それでも何とか夕飯を作り、子供に食べさせ、自分も半分くらいは食べました。でも熱がどんどん上がり、40℃になったので旦那に連絡して早めに帰ってきてもらい、お風呂は任せて私は寝ました。

2日目:高熱が続き、歯茎と身体が痛い。

翌朝は38.5℃くらいに下がったものの食欲はなく、日曜日だったので病院にも行けず、ひたすら寝てました。子供たちは旦那に任せ、外に遊びに連れて行ってもらいました。高熱のせいか腰や節々が痛み、寝ているのもつらかったです。歯茎が腫れてきて「もしやヘルペス性歯肉口内炎?」と疑いました。何も食べずポカリだけ飲みました。

3日目:まだ熱が下がらず仕事休む。

普段子供の病気や行事でよく休み、有給の残りが少ないため仕事は休みたくありませんでしたが、解熱剤を飲んでも熱があまり下がらず、さすがに無理だと思い仕事を休みました。口内炎もできてきて「やっぱりうつったかな。」と思い、高熱で運転が怖かったのでタクシーで内科へ行きました。診断は思った通り「ヘルペス性歯肉口内炎」でした。薬を飲み、夜でも38℃くらいに熱が下がってきました。この日も何も食べられず水分だけでした。

4日目:熱がやっと下がる。

この日も朝熱があったので仕事を休みました。夕方にはやっと熱が下がってきました。さすがに何も食べないとフラフラしてきたので、痛みに耐えながらゼリーや豆腐を食べました。

5日目:仕事復帰。口痛い。

この日から仕事に行けるようになりましたが、口はかなり痛く、仕事中も時々痛みがズキズキきて耐えながら仕事しました。おじややリゾットを無理矢理飲み込んで食べました。

6日目:痛みが少しひいてくる。

痛みが少し和らぎ、おじやなどは少し噛んで食べられるようになりました。

7,8日目:チーズリゾット生活。

相変わらず口が痛み、チーズリゾットばかり食べていました。

9日目:食事が食べられるように。

歯茎の腫れが引いて、唇の口内炎に当たらないようにすれば噛めるようになりました。ごはんやパン、柔らかめのおかずは食べられるようになり、久しぶりの普通の食事に感動しました(笑)歯磨きも軽くならできるようになりました。

13日目:ほぼ元通りに。でも唇の周りがピリピリ。

口内炎もほぼ治り、普通に食事できるようになりました。でも今度は唇の周りがピリピリするのが気になるので、まだ口紅はつけていません。治りかけの症状?

15日目:唇ピリピリも治る。

唇のピリピリも気にならなくなりました。娘と比べるとどちらがひどいということはなく、ほぼ同じ経過でした。でも本当に長い闘いでした。

ヘルペス性歯肉口内炎に大人がかかった時の対処法

何科を受診すればいい?

子供の場合は小児科でいいと思いますが、大人は迷いますよね?私は高熱だったので、内科を受診しました。ヘルペス性歯肉口内炎じゃない可能性もあり、総合的に診断してくれるかと思ったので。もし熱がなく、口内炎や歯肉炎だけだったなら、口内炎は耳鼻科、歯肉炎は歯科が専門のようなので、そちらを受診してもいいと思います。ちなみに一般的なヘルペスの症状である口唇ヘルペスは皮膚科が専門なので、口の外にできた場合は皮膚科がいいと思います。どちらにしても事前に電話で確認すると確実です。私は最初総合病院を受診しようかと思いましたが電話がつながらず、高熱で待ち時間が長いとつらかったので、近所の内科を受診しました。

薬は何が処方される?

子供の時はヘルペスウイルスによる感染症に用いる「アシクロビル」を4日分と解熱剤の「カロナール」が処方されました。私の時は「アシクロビル」と同類の「バラシクロビル」、抗生物質の「フロモックス」、はれや痛みを抑える「トランサミン」を5日分、さらに「カロナール」と「アズノールうがい液」も処方されました。「アズノール」は歯医者で口内炎や親知らずを抜いた後にももらったことがあり、独特の味が嫌いでしたが、今回は水でもしみるのに「アズノール」はしみず、うがいした直後だけですが痛みが和らぐので重宝しました。

食事は何を食べればいい?

高熱が出た3日間は食欲もなくほとんど何も食べられず、ポカリスエットなどの水分補給だけで過ごしました。熱が下がってきてからは口内炎と歯茎の腫れがひどくなり、水を飲むだけでもしみて痛かったので、噛まずにすむ柔らかいものを中心に、「おじや」「ウィダーインゼリー」「お味噌汁やスープ」などを食べましたが、特に「チーズリゾット」が気に入り、毎日作っていました。ストローで飲めるものは何でもストローを使って飲みました。

↓ヘルペス性歯肉口内炎の時の食事について詳しくはこの記事に書いています。

子供がヘルペス性歯肉口内炎になった時の食事は?
今回は特に苦労したヘルペス性歯肉口内炎で歯茎と口が痛い時の食事について、娘が食べられたものを紹介したいと思います。同じように口が痛くて普通の食事が食べられない方の参考になれば幸いです

歯磨きはどうすればいい?

これは子供より大人の方が気になると思います。病院では「無理に歯磨きしなくていいです。」と言われましたが、いつもより口の中がネバネバして、自分でも分かるくらい口臭がしてかなり不快でした。でも磨こうとするととんでもなく痛いし、歯茎からすぐ出血して大変なことに…。子供の時と同様、デンタルタフトを使って磨いてましたが、子供の場合は歯が小さいのでタフトで十分磨けましたが、大人が面積が広いし、自分で磨くと見えずに歯茎に当たって「痛っ!!」と何回もなりながら磨くのが大変でした。デンタルリンスも刺激が少ないものを試してみましたが、爽快感はあるのですが涙が出るくらいしみるのでやめました…。いろいろやってみて一番よかったのはガーゼにデンタルジェルをつけてこすると、しみずにネバネバが取れてさっぱりしました。これだと歯の間の汚れは取れませんが、数日のことだし、そもそも噛まないので汚れもそんなにないかと思います。

↓デンタルジェルは本来は歯磨きの後に使うものですが、しみないし、すすぎが1回でいいので口が痛い時にぴったりでした。

仕事は行っていい?

病院では「熱が下がれば行っていい」と言われました。子供と違い、大人は給食ではないので食事を選べますし、基本的には大人にはうつりにくいので熱が下がって自分が行ける状態になったら行って大丈夫だと思います。ただ、一応感染が気になりますし、私は唇に口内炎ができて周りもピリピリして、口紅がつけられなかったので「マスク」はして行きました。また、口の痛みが治るまでは食事が通常のようには食べられず、体力は落ちているので、力仕事の方は無理をしない方がいいと思います。

大人がヘルペス性歯肉口内炎にかかった場合のまとめ

私の場合ですが、ヘルペス性歯肉口内炎は大人でもうつり、子供と同じように40℃を超える高熱と、歯肉炎、口内炎による口の痛みで食事ができず苦しみました。つらかったですが、普通の食事が食べられることが幸せだと実感できました。また、娘と同じ病気を経験したことで、娘との連帯感が生まれた気がします(笑)口が痛くて食べれない私を見て娘が「痛いよね…。私も分かるよ~。」と共感してくれて、成長したなぁと思いました。でもうつらないのが一番なので、何度も言いますが、子供がヘルペス性歯肉口内炎にかかった場合は、家族にうつらないように十分に注意してくださいね!!